商品情報にスキップ
1 6

こんな小さなオブジェは、どこかの観光地にある、古くから営業しているような土産物店などで目にすることがある気がする。商品の画像を眺めていてふと思い出したのは、数年前、友人たちとレンタカーを借りて、東京から私の地元、福島へ小旅行をしたことだ。海辺の大きな公園の中に「マリンタワー」という展望塔があって、その中に小さなショップが入っている。昔から売れ残っているような商品もたくさん並んでいて、私はイルカや魚、貝などといった海の生き物の小さな人形や、キラキラしたラメなどが樹脂の中に入ったオイルに浮かんで揺れる(フローティングペンやスノードームなどと同じような構造の)ペン立てを買った。その旅のことで印象に残っているのは……実は私がまだ地元に住んでいる頃にも一度、そのときと同じメンバーで、当時の私の車を走らせて地元で遊んだことがあったのだが、そのときとはそれぞれの関係性も、その場の持つ雰囲気も、何もかもが変わってしまったような気がした、ということだ。年月を経ているので、当たり前のことなのかもしれないが、その感じが寂しいような、変わっていくことを受け入れることに対してしっくりくるような、なんともいえない感覚になったのを覚えている。例のペン立ては、もうどこかにやってしまった。

通常価格 ¥2,500 JPY
通常価格 セール価格 ¥2,500 JPY
セール 売り切れ
税込み。

Size: H100 x W40 x D40 mm
Weight: 48g
Material: Ceramic
Made in somewhere

Text by: Ryuta Hiruta

*古物・中古品のため写真には映りづらい経年劣化や細やかな傷があることがあります。そのほか写真の色味と実物とが若干異なる場合があります。気になる点や不明な点がありましたら、Contact よりお問い合わせ下さい。