コレクション: Good

絞り込み:

出品状況
0個が選択されました リセット
価格
最高価格は¥60,000です リセット
¥
¥

86個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

86個の商品

出品状況
価格

最高価格は¥60,000です

¥
¥

86個の商品

  • ギャグとして生まれたたよりのない言葉たちを集めて野に解き放つ

    通常価格 ¥15,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥15,000 JPY
    ギャグとして生まれたたよりのない言葉たちを集めて野に解き放つギャグとして生まれたたよりのない言葉たちを集めて野に解き放つ
  • お仲間かそうでないかは決めてくれ蘂降ることのゆるされた丘で

    通常価格 ¥3,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥3,000 JPY
    お仲間かそうでないかは決めてくれ蘂降ることのゆるされた丘でお仲間かそうでないかは決めてくれ蘂降ることのゆるされた丘で
  • ガスで炊くお米はうまい 明日までに切手を選ぶから待っていて

    通常価格 ¥2,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥2,000 JPY
    ガスで炊くお米はうまい 明日までに切手を選ぶから待っていてガスで炊くお米はうまい 明日までに切手を選ぶから待っていて
  • 歯は琥珀 都会の風は銀色でいつかわたしは鱗粉になる

    通常価格 ¥6,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥6,500 JPY
    歯は琥珀 都会の風は銀色でいつかわたしは鱗粉になる歯は琥珀 都会の風は銀色でいつかわたしは鱗粉になる
  • Jug (No name yet)

    通常価格 ¥12,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥12,000 JPY
    Jug (No name yet)Jug (No name yet)
  • 祖父はタクシードライバーだった。車と釣りが好きで、中古の古い型のメルセデス・ベンツに乗っていた。今どきの車のようにスタイリッシュなフォルムでなく、もっと角張った、セダン型のグレーのベンツ。内装は木目調だったと思う。それを「おんぼろベンツ」などと冗談混じりに呼びながらも、とても丁寧に手入れをしていて、いつでもピカピカだった。今でもあの、車内の澄んだ匂いはなんとなく思い出せるような気がする。早くに亡くなってしまったので、祖父がどういう人間だったか、というのはあまり分からない。いつか祖父とレンタルビデオ

    通常価格 ¥14,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥14,000 JPY
    祖父はタクシードライバーだった。車と釣りが好きで、中古の古い型のメルセデス・ベンツに乗っていた。今どきの車のようにスタイリッシュなフォルムでなく、もっと角張った、セダン型のグレーのベンツ。内装は木目調だったと思う。それを「おんぼろベンツ」などと冗談混じりに呼びながらも、とても丁寧に手入れをしていて、いつでもピカピカだった。今でもあの、車内の澄んだ匂いはなんとなく思い出せるような気がする。早くに亡くなってしまったので、祖父がどういう人間だったか、というのはあまり分からない。いつか祖父とレンタルビデオ祖父はタクシードライバーだった。車と釣りが好きで、中古の古い型のメルセデス・ベンツに乗っていた。今どきの車のようにスタイリッシュなフォルムでなく、もっと角張った、セダン型のグレーのベンツ。内装は木目調だったと思う。それを「おんぼろベンツ」などと冗談混じりに呼びながらも、とても丁寧に手入れをしていて、いつでもピカピカだった。今でもあの、車内の澄んだ匂いはなんとなく思い出せるような気がする。早くに亡くなってしまったので、祖父がどういう人間だったか、というのはあまり分からない。いつか祖父とレンタルビデオ
  • 「Luke Ferrara」という名前をインターネットで検索してみても、それらしい人物はヒットしなかった。とすると例えば、野球選手を夢見る誰かが自分でサインを書いてみた物か、アマチュアの野球選手にサインを貰った物、といったところだろうか。誰かにとっての夢や価値は、他人には到底測れないものがある。著名だろうが無名だろうが、高かろうが安かろうが、そういった物差しとは関係のない次元がある。誰かにとっては不要なものでも、誰かにとっては大切なものだったりする。その分からなさ、というか、振れ幅、みたいなものが良いな

    通常価格 ¥5,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥5,000 JPY
    「Luke Ferrara」という名前をインターネットで検索してみても、それらしい人物はヒットしなかった。とすると例えば、野球選手を夢見る誰かが自分でサインを書いてみた物か、アマチュアの野球選手にサインを貰った物、といったところだろうか。誰かにとっての夢や価値は、他人には到底測れないものがある。著名だろうが無名だろうが、高かろうが安かろうが、そういった物差しとは関係のない次元がある。誰かにとっては不要なものでも、誰かにとっては大切なものだったりする。その分からなさ、というか、振れ幅、みたいなものが良いな「Luke Ferrara」という名前をインターネットで検索してみても、それらしい人物はヒットしなかった。とすると例えば、野球選手を夢見る誰かが自分でサインを書いてみた物か、アマチュアの野球選手にサインを貰った物、といったところだろうか。誰かにとっての夢や価値は、他人には到底測れないものがある。著名だろうが無名だろうが、高かろうが安かろうが、そういった物差しとは関係のない次元がある。誰かにとっては不要なものでも、誰かにとっては大切なものだったりする。その分からなさ、というか、振れ幅、みたいなものが良いな
  • 多くの地方都市では、車は必要不可欠な存在だ。私も例に漏れず、上京してくるまでの5年間、自分の車を所有して乗っていた。車がなければ、仕事に行くことも買い物に行くこともできない。バスは30分に1本来るか来ないか、電車に乗ろうものなら最寄り駅まで車で15分、といった具合。私が乗っていたのも、ちょうどこんな丸っこいフォルムをした、真っ赤な車だった。上京する際に手放したのだが、もう中古車として再び販売することはできず、廃車にするしかない状態で、それでも知り合いの中古車ディーラーに5千円か1万円で買い取って

    通常価格 ¥5,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥5,000 JPY
    多くの地方都市では、車は必要不可欠な存在だ。私も例に漏れず、上京してくるまでの5年間、自分の車を所有して乗っていた。車がなければ、仕事に行くことも買い物に行くこともできない。バスは30分に1本来るか来ないか、電車に乗ろうものなら最寄り駅まで車で15分、といった具合。私が乗っていたのも、ちょうどこんな丸っこいフォルムをした、真っ赤な車だった。上京する際に手放したのだが、もう中古車として再び販売することはできず、廃車にするしかない状態で、それでも知り合いの中古車ディーラーに5千円か1万円で買い取って多くの地方都市では、車は必要不可欠な存在だ。私も例に漏れず、上京してくるまでの5年間、自分の車を所有して乗っていた。車がなければ、仕事に行くことも買い物に行くこともできない。バスは30分に1本来るか来ないか、電車に乗ろうものなら最寄り駅まで車で15分、といった具合。私が乗っていたのも、ちょうどこんな丸っこいフォルムをした、真っ赤な車だった。上京する際に手放したのだが、もう中古車として再び販売することはできず、廃車にするしかない状態で、それでも知り合いの中古車ディーラーに5千円か1万円で買い取って
  • 無意識の太鼓判は、心を丸い餅のようにふくらませる

    通常価格 ¥20,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥20,000 JPY
    無意識の太鼓判は、心を丸い餅のようにふくらませる無意識の太鼓判は、心を丸い餅のようにふくらませる
  • 真空でしか保てない表情

    通常価格 ¥30,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥30,000 JPY
    真空でしか保てない表情真空でしか保てない表情
  • 応接間 解かれつづけた暗号

    通常価格 ¥5,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥5,000 JPY
    応接間 解かれつづけた暗号応接間 解かれつづけた暗号
  • ミラクルな速度で吹き付けられたカー

    通常価格 ¥10,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥10,000 JPY
    ミラクルな速度で吹き付けられたカーミラクルな速度で吹き付けられたカー
  • Olympic

    通常価格 ¥15,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥15,000 JPY
    OlympicOlympic
  • 螺旋階段登るとき足元を見るおじいちゃん外を見るぼく

    通常価格 ¥10,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥10,000 JPY
    螺旋階段登るとき足元を見るおじいちゃん外を見るぼく螺旋階段登るとき足元を見るおじいちゃん外を見るぼく
  • 犬を見て思い浮かべたのは、写真家・森山大道の『三沢の犬』と呼ばれる作品だ。野良犬を捉えたモノクロのスナップショット写真で、この商品の犬のイメージとは幾分遠いのだが、それでも私の中に浮かんだのは『三沢の犬』だった。数年前、京都・大阪へ、愛知に住むパートナーと旅行した際に、森山大道のエッセイ本『犬の記憶』を持って出掛けた。私は東京から夜行バスで名古屋まで行き、名古屋でパートナーと合流して京都へ向かう、という流れだった。朝方、パートナーより先に名古屋に到着した私は、適当なカフェに入って『犬の記憶』を開い

    通常価格 ¥7,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥7,000 JPY
    犬を見て思い浮かべたのは、写真家・森山大道の『三沢の犬』と呼ばれる作品だ。野良犬を捉えたモノクロのスナップショット写真で、この商品の犬のイメージとは幾分遠いのだが、それでも私の中に浮かんだのは『三沢の犬』だった。数年前、京都・大阪へ、愛知に住むパートナーと旅行した際に、森山大道のエッセイ本『犬の記憶』を持って出掛けた。私は東京から夜行バスで名古屋まで行き、名古屋でパートナーと合流して京都へ向かう、という流れだった。朝方、パートナーより先に名古屋に到着した私は、適当なカフェに入って『犬の記憶』を開い犬を見て思い浮かべたのは、写真家・森山大道の『三沢の犬』と呼ばれる作品だ。野良犬を捉えたモノクロのスナップショット写真で、この商品の犬のイメージとは幾分遠いのだが、それでも私の中に浮かんだのは『三沢の犬』だった。数年前、京都・大阪へ、愛知に住むパートナーと旅行した際に、森山大道のエッセイ本『犬の記憶』を持って出掛けた。私は東京から夜行バスで名古屋まで行き、名古屋でパートナーと合流して京都へ向かう、という流れだった。朝方、パートナーより先に名古屋に到着した私は、適当なカフェに入って『犬の記憶』を開い
  • さっきまで居たのにと言い合いながら知らないカフェの扉をひらく

    通常価格 ¥1,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥1,500 JPY
    さっきまで居たのにと言い合いながら知らないカフェの扉をひらくさっきまで居たのにと言い合いながら知らないカフェの扉をひらく
    売り切れ