コレクション: Animal

絞り込み:

出品状況
0個が選択されました リセット
価格
最高価格は¥30,000です リセット
¥
¥

24個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

24個の商品

出品状況
価格

最高価格は¥30,000です

¥
¥

24個の商品

  • 犬を見て思い浮かべたのは、写真家・森山大道の『三沢の犬』と呼ばれる作品だ。野良犬を捉えたモノクロのスナップショット写真で、この商品の犬のイメージとは幾分遠いのだが、それでも私の中に浮かんだのは『三沢の犬』だった。数年前、京都・大阪へ、愛知に住むパートナーと旅行した際に、森山大道のエッセイ本『犬の記憶』を持って出掛けた。私は東京から夜行バスで名古屋まで行き、名古屋でパートナーと合流して京都へ向かう、という流れだった。朝方、パートナーより先に名古屋に到着した私は、適当なカフェに入って『犬の記憶』を開い

    通常価格 ¥7,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥7,000 JPY
    犬を見て思い浮かべたのは、写真家・森山大道の『三沢の犬』と呼ばれる作品だ。野良犬を捉えたモノクロのスナップショット写真で、この商品の犬のイメージとは幾分遠いのだが、それでも私の中に浮かんだのは『三沢の犬』だった。数年前、京都・大阪へ、愛知に住むパートナーと旅行した際に、森山大道のエッセイ本『犬の記憶』を持って出掛けた。私は東京から夜行バスで名古屋まで行き、名古屋でパートナーと合流して京都へ向かう、という流れだった。朝方、パートナーより先に名古屋に到着した私は、適当なカフェに入って『犬の記憶』を開い犬を見て思い浮かべたのは、写真家・森山大道の『三沢の犬』と呼ばれる作品だ。野良犬を捉えたモノクロのスナップショット写真で、この商品の犬のイメージとは幾分遠いのだが、それでも私の中に浮かんだのは『三沢の犬』だった。数年前、京都・大阪へ、愛知に住むパートナーと旅行した際に、森山大道のエッセイ本『犬の記憶』を持って出掛けた。私は東京から夜行バスで名古屋まで行き、名古屋でパートナーと合流して京都へ向かう、という流れだった。朝方、パートナーより先に名古屋に到着した私は、適当なカフェに入って『犬の記憶』を開い
  • ひとりでは行けない場所へゆく朝も廊下を走ってはいけません

    通常価格 ¥3,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥3,000 JPY
    ひとりでは行けない場所へゆく朝も廊下を走ってはいけませんひとりでは行けない場所へゆく朝も廊下を走ってはいけません
    売り切れ
  • こんな小さなオブジェは、どこかの観光地にある、古くから営業しているような土産物店などで目にすることがある気がする。商品の画像を眺めていてふと思い出したのは、数年前、友人たちとレンタカーを借りて、東京から私の地元、福島へ小旅行をしたことだ。海辺の大きな公園の中に「マリンタワー」という展望塔があって、その中に小さなショップが入っている。昔から売れ残っているような商品もたくさん並んでいて、私はイルカや魚、貝などといった海の生き物の小さな人形や、キラキラしたラメなどが樹脂の中に入ったオイルに浮かんで揺れる

    通常価格 ¥2,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥2,500 JPY
    こんな小さなオブジェは、どこかの観光地にある、古くから営業しているような土産物店などで目にすることがある気がする。商品の画像を眺めていてふと思い出したのは、数年前、友人たちとレンタカーを借りて、東京から私の地元、福島へ小旅行をしたことだ。海辺の大きな公園の中に「マリンタワー」という展望塔があって、その中に小さなショップが入っている。昔から売れ残っているような商品もたくさん並んでいて、私はイルカや魚、貝などといった海の生き物の小さな人形や、キラキラしたラメなどが樹脂の中に入ったオイルに浮かんで揺れるこんな小さなオブジェは、どこかの観光地にある、古くから営業しているような土産物店などで目にすることがある気がする。商品の画像を眺めていてふと思い出したのは、数年前、友人たちとレンタカーを借りて、東京から私の地元、福島へ小旅行をしたことだ。海辺の大きな公園の中に「マリンタワー」という展望塔があって、その中に小さなショップが入っている。昔から売れ残っているような商品もたくさん並んでいて、私はイルカや魚、貝などといった海の生き物の小さな人形や、キラキラしたラメなどが樹脂の中に入ったオイルに浮かんで揺れる
    売り切れ
  • 動物のオブジェは私も所有している。ひとつは「山中組木工房」というところが箱根の伝統工芸品として作っていた象の組木パズルで、ブルーノ・ムナーリや柳宗理、岡本太郎などからも愛されていた物で……現在は生産されていないらしいのだが、フリマサイトで手に入れた。もうひとつは福島の伝統工芸品、「赤べこ」なのだが、これは高円寺の古物屋で買った物だ。いわゆる伝統工芸品として作られた赤べこ、というよりは、一般の誰かが「赤べこ作り体験」のようなもので作ったのであろう、というような、少しいびつな形や絵付けがされているのだが、

    通常価格 ¥1,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥1,500 JPY
    動物のオブジェは私も所有している。ひとつは「山中組木工房」というところが箱根の伝統工芸品として作っていた象の組木パズルで、ブルーノ・ムナーリや柳宗理、岡本太郎などからも愛されていた物で……現在は生産されていないらしいのだが、フリマサイトで手に入れた。もうひとつは福島の伝統工芸品、「赤べこ」なのだが、これは高円寺の古物屋で買った物だ。いわゆる伝統工芸品として作られた赤べこ、というよりは、一般の誰かが「赤べこ作り体験」のようなもので作ったのであろう、というような、少しいびつな形や絵付けがされているのだが、動物のオブジェは私も所有している。ひとつは「山中組木工房」というところが箱根の伝統工芸品として作っていた象の組木パズルで、ブルーノ・ムナーリや柳宗理、岡本太郎などからも愛されていた物で……現在は生産されていないらしいのだが、フリマサイトで手に入れた。もうひとつは福島の伝統工芸品、「赤べこ」なのだが、これは高円寺の古物屋で買った物だ。いわゆる伝統工芸品として作られた赤べこ、というよりは、一般の誰かが「赤べこ作り体験」のようなもので作ったのであろう、というような、少しいびつな形や絵付けがされているのだが、
    売り切れ
  • バッファロー・スプリングフィールドというアメリカのロックバンドが好きだ。メンバー同士の衝突など、さまざまなトラブルに見舞われて活動期間は2年と短いし、アルバムも数枚しか出ていない。メンバーのひとりであったニール・ヤングは、バンドの解散から約30年後に、ソロとして『バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン』という曲を書いている。かつてそこにあった物や人へ、「今いる地点から」思いを馳せたり、出会い直そうとするということは、とても素敵なことのように思う。ニール・ヤングの『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ

    通常価格 ¥5,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥5,000 JPY
    バッファロー・スプリングフィールドというアメリカのロックバンドが好きだ。メンバー同士の衝突など、さまざまなトラブルに見舞われて活動期間は2年と短いし、アルバムも数枚しか出ていない。メンバーのひとりであったニール・ヤングは、バンドの解散から約30年後に、ソロとして『バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン』という曲を書いている。かつてそこにあった物や人へ、「今いる地点から」思いを馳せたり、出会い直そうとするということは、とても素敵なことのように思う。ニール・ヤングの『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュバッファロー・スプリングフィールドというアメリカのロックバンドが好きだ。メンバー同士の衝突など、さまざまなトラブルに見舞われて活動期間は2年と短いし、アルバムも数枚しか出ていない。メンバーのひとりであったニール・ヤングは、バンドの解散から約30年後に、ソロとして『バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン』という曲を書いている。かつてそこにあった物や人へ、「今いる地点から」思いを馳せたり、出会い直そうとするということは、とても素敵なことのように思う。ニール・ヤングの『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ
    売り切れ
  • この商品はどうやら花器で、花を生けるとするならば、鳥の頭から花が飛び出す、ということになる。その様子を想像してみると、ちょっと面白い。「花鳥風月」という概念は日本画の大きな主題であるが、「鳥」と「花」の相性の良さは、どこの国でも同じなのかもしれない。というかそもそも、花器として使用しなくてもいいわけで。

    通常価格 ¥7,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥7,000 JPY
    この商品はどうやら花器で、花を生けるとするならば、鳥の頭から花が飛び出す、ということになる。その様子を想像してみると、ちょっと面白い。「花鳥風月」という概念は日本画の大きな主題であるが、「鳥」と「花」の相性の良さは、どこの国でも同じなのかもしれない。というかそもそも、花器として使用しなくてもいいわけで。この商品はどうやら花器で、花を生けるとするならば、鳥の頭から花が飛び出す、ということになる。その様子を想像してみると、ちょっと面白い。「花鳥風月」という概念は日本画の大きな主題であるが、「鳥」と「花」の相性の良さは、どこの国でも同じなのかもしれない。というかそもそも、花器として使用しなくてもいいわけで。
    売り切れ
  • まぶしくて手足の先が冷えていて祈りのように手に当てる息

    通常価格 ¥3,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥3,000 JPY
    まぶしくて手足の先が冷えていて祈りのように手に当てる息まぶしくて手足の先が冷えていて祈りのように手に当てる息
    売り切れ
  • 五時五十九分に鳴きたいときはくちばしを胸の羽に埋めて

    通常価格 ¥1,200 JPY
    通常価格 セール価格 ¥1,200 JPY
    五時五十九分に鳴きたいときはくちばしを胸の羽に埋めて五時五十九分に鳴きたいときはくちばしを胸の羽に埋めて
    売り切れ
  • 暑すぎる夕陽にくすぐられ溶けだしていく氷の像

    通常価格 ¥7,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥7,500 JPY
    暑すぎる夕陽にくすぐられ溶けだしていく氷の像暑すぎる夕陽にくすぐられ溶けだしていく氷の像
  • 振り向いてほしいときには質問をすればいいできれば簡単な

    通常価格 ¥6,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥6,500 JPY
    振り向いてほしいときには質問をすればいいできれば簡単な振り向いてほしいときには質問をすればいいできれば簡単な
  • てのひらはあなたを撫でるやさしさで遠くの林檎を拾ったりする

    通常価格 ¥20,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥20,000 JPY
    てのひらはあなたを撫でるやさしさで遠くの林檎を拾ったりするてのひらはあなたを撫でるやさしさで遠くの林檎を拾ったりする
  • 見ただけでわかる あなたの耳たぶが触れられるのを待っていること

    通常価格 ¥6,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥6,500 JPY
    見ただけでわかる あなたの耳たぶが触れられるのを待っていること見ただけでわかる あなたの耳たぶが触れられるのを待っていること
  • Ball (No name yet)

    通常価格 ¥5,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥5,000 JPY
    Ball (No name yet)Ball (No name yet)
  • 水差しだろうか、牛だけにミルクポットだろうか、「ニュー・メキシコ」と書いてあるから土産物なのだろうか……。花器としても使えそうな気がする。それでいえば、アメリカの人気シットコムドラマ『フレンズ』で、登場人物たちが現地の日本料理店を訪れるシーンがあって、その店のテーブルの中央に、某日本酒のロゴの入った徳利が花器として置かれているのを見た。ドイツの写真家、ヴォルフガング・ティルマンスの静物写真の作品でも、日本の徳利が捉えられているのを見たことがある。エメラルドグリーンのグラデーションが美しい徳利で、

    通常価格 ¥6,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥6,000 JPY
    水差しだろうか、牛だけにミルクポットだろうか、「ニュー・メキシコ」と書いてあるから土産物なのだろうか……。花器としても使えそうな気がする。それでいえば、アメリカの人気シットコムドラマ『フレンズ』で、登場人物たちが現地の日本料理店を訪れるシーンがあって、その店のテーブルの中央に、某日本酒のロゴの入った徳利が花器として置かれているのを見た。ドイツの写真家、ヴォルフガング・ティルマンスの静物写真の作品でも、日本の徳利が捉えられているのを見たことがある。エメラルドグリーンのグラデーションが美しい徳利で、水差しだろうか、牛だけにミルクポットだろうか、「ニュー・メキシコ」と書いてあるから土産物なのだろうか……。花器としても使えそうな気がする。それでいえば、アメリカの人気シットコムドラマ『フレンズ』で、登場人物たちが現地の日本料理店を訪れるシーンがあって、その店のテーブルの中央に、某日本酒のロゴの入った徳利が花器として置かれているのを見た。ドイツの写真家、ヴォルフガング・ティルマンスの静物写真の作品でも、日本の徳利が捉えられているのを見たことがある。エメラルドグリーンのグラデーションが美しい徳利で、
  • お仲間かそうでないかは決めてくれ蘂降ることのゆるされた丘で

    通常価格 ¥3,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥3,000 JPY
    お仲間かそうでないかは決めてくれ蘂降ることのゆるされた丘でお仲間かそうでないかは決めてくれ蘂降ることのゆるされた丘で
  • 歯は琥珀 都会の風は銀色でいつかわたしは鱗粉になる

    通常価格 ¥6,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥6,500 JPY
    歯は琥珀 都会の風は銀色でいつかわたしは鱗粉になる歯は琥珀 都会の風は銀色でいつかわたしは鱗粉になる