コレクション: Transparent

絞り込み:

出品状況
0個が選択されました リセット
価格
最高価格は¥8,000です リセット
¥
¥

4個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

4個の商品

出品状況
価格

最高価格は¥8,000です

¥
¥

4個の商品

  • 暑すぎる夕陽にくすぐられ溶けだしていく氷の像

    通常価格 ¥7,500 JPY
    通常価格 セール価格 ¥7,500 JPY
    暑すぎる夕陽にくすぐられ溶けだしていく氷の像暑すぎる夕陽にくすぐられ溶けだしていく氷の像
  • 商品名を付けるにあたって送っていただいた資料に、「使用感から見るに、ペン立てに使われていたようです」との添え書きがあった。私がペン立てとして使っているのは、ガラス製の剣山だ。ドーム状になっていて、穴が開いていて、本来はその穴に切り花を挿して使用するらしいのだが、どこかで「アメリカの小売店などではガラス製の剣山をペン立てとして使っている光景をよく見かける」というようなことを読んで、真似してネットで探して買ったもので、気に入っている。本来の用途とは違った形で使われる、というのは、文脈を辿れば、時に危うい行為に

    通常価格 ¥8,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥8,000 JPY
    商品名を付けるにあたって送っていただいた資料に、「使用感から見るに、ペン立てに使われていたようです」との添え書きがあった。私がペン立てとして使っているのは、ガラス製の剣山だ。ドーム状になっていて、穴が開いていて、本来はその穴に切り花を挿して使用するらしいのだが、どこかで「アメリカの小売店などではガラス製の剣山をペン立てとして使っている光景をよく見かける」というようなことを読んで、真似してネットで探して買ったもので、気に入っている。本来の用途とは違った形で使われる、というのは、文脈を辿れば、時に危うい行為に商品名を付けるにあたって送っていただいた資料に、「使用感から見るに、ペン立てに使われていたようです」との添え書きがあった。私がペン立てとして使っているのは、ガラス製の剣山だ。ドーム状になっていて、穴が開いていて、本来はその穴に切り花を挿して使用するらしいのだが、どこかで「アメリカの小売店などではガラス製の剣山をペン立てとして使っている光景をよく見かける」というようなことを読んで、真似してネットで探して買ったもので、気に入っている。本来の用途とは違った形で使われる、というのは、文脈を辿れば、時に危うい行為に
  • いつからか、靴は黒色の物しか履かなくなってしまった。それも、どこででも買える比較的安価なものだ。大体どんな服装にも合うし、履き潰してしまっても替えがきくから便利なのだ。それでも叶うことなら、某高級ブランドのビビットな色をした長靴のようなブーツや、足袋のようなブーツや、もっとキラキラしたもの、それこそこんなガラスのブーツだって履いてみたい。

    通常価格 ¥6,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥6,000 JPY
    いつからか、靴は黒色の物しか履かなくなってしまった。それも、どこででも買える比較的安価なものだ。大体どんな服装にも合うし、履き潰してしまっても替えがきくから便利なのだ。それでも叶うことなら、某高級ブランドのビビットな色をした長靴のようなブーツや、足袋のようなブーツや、もっとキラキラしたもの、それこそこんなガラスのブーツだって履いてみたい。いつからか、靴は黒色の物しか履かなくなってしまった。それも、どこででも買える比較的安価なものだ。大体どんな服装にも合うし、履き潰してしまっても替えがきくから便利なのだ。それでも叶うことなら、某高級ブランドのビビットな色をした長靴のようなブーツや、足袋のようなブーツや、もっとキラキラしたもの、それこそこんなガラスのブーツだって履いてみたい。
  • ガラス製の花器が好きで、いくつか所有している。花を生けることはあまりないのだが、花器を眺めるだけでも綺麗だな、と思う。特に気に入っていたのは、アメリカの「ケメックス」という、フラスコのような形をしたガラス製のコーヒーメーカーで、もちろんコーヒーを淹れるためにも使っていたのだが、ときどき花器としても使っていた。それをある日棚から落として割ってしまって、それ以来自分でコーヒーを淹れることはなくなってしまった。この商品も、なんともいえない形をしていて素敵だ。どうか割れないで、光を受けて輝いていてほしい。私は

    通常価格 ¥8,000 JPY
    通常価格 セール価格 ¥8,000 JPY
    ガラス製の花器が好きで、いくつか所有している。花を生けることはあまりないのだが、花器を眺めるだけでも綺麗だな、と思う。特に気に入っていたのは、アメリカの「ケメックス」という、フラスコのような形をしたガラス製のコーヒーメーカーで、もちろんコーヒーを淹れるためにも使っていたのだが、ときどき花器としても使っていた。それをある日棚から落として割ってしまって、それ以来自分でコーヒーを淹れることはなくなってしまった。この商品も、なんともいえない形をしていて素敵だ。どうか割れないで、光を受けて輝いていてほしい。私はガラス製の花器が好きで、いくつか所有している。花を生けることはあまりないのだが、花器を眺めるだけでも綺麗だな、と思う。特に気に入っていたのは、アメリカの「ケメックス」という、フラスコのような形をしたガラス製のコーヒーメーカーで、もちろんコーヒーを淹れるためにも使っていたのだが、ときどき花器としても使っていた。それをある日棚から落として割ってしまって、それ以来自分でコーヒーを淹れることはなくなってしまった。この商品も、なんともいえない形をしていて素敵だ。どうか割れないで、光を受けて輝いていてほしい。私は
    売り切れ